第3回マンション売却成功の 秘訣!「どの契約が良いの?」

みなさんこんにちは!前回まではマンション売却に向けての準備をご説明させていただきました。今回からはいよいよ売却に向けての不動産との契約についてです。

皆さんがマンションを売却をするためには、仲介してもらえる不動産会社と「媒介契約」を結ぶことになります。その「媒介契約」も様々で、どのような契約を結べば良いのか?と悩まれてる方も多いと思いますので、ご説明させていただきます!

「専属専任媒介契約」

一つ目はこちらで、1社の不動産会社と契約を結ぶものになります。ほかの不動産会社と契約を結ぶことはできず、売主さんの知り合いに売却する場合にも仲介手数料が発生します。そのかわりに、1週間に1回という細かい頻度で売却活動の報告義務があります。

「専任媒介契約」

二つ目はこちらで、先ほどの「専属専任媒介契約」と同様1社の不動産会社としか契約を結ぶことはできませんが、知人に売却するなどのような、自己発見の取引の場合には仲介会社を通さずに売却することが可能になり、その場合は仲介手数料は必要ありません。こちらも「専属専任媒介契約」よりは大まかになりますが、2週間に1回の売却活動の報告義務があります。

上記二つの契約に関しては、不動産会社が売主さんの専属のエージェントになってくれるので、窓口が1つで絞られ、すべて任せておくことができ、不動産会社も専属で契約してもらってるため、親身に売却活動をしてくれるというメリットがあります。デメリットとしては、宣伝活動が1社に絞られているため、広告量が減ってしまうことにもなりますが、信頼できる不動産会社であれば専属での契約がおすすめです!

「一般媒介契約」

こちらは上記二つとは違い、複数の不動産会社に同時に依頼することができる契約になります。その代わりに売主さんへの売却活動の報告義務はありません。

複数の会社に依頼できる分、広告量が多くなり、メリットが多く感じますが、複数の不動産会社に依頼するため、窓口がたくさんになり内覧などの調節が大変だったり、売却活動の報告義務がないため、どのような進捗かわかりにくくなります。また、複数の不動産会社に依頼しているため、1社1社のモチベーションが低くなることがあり、売却までの時間が長くかかることもあります。

ですが広告量が多くなることは間違いないので、売却まで時間がかかっても大丈夫!という方はこちらでもよいかもしれせん。

以上、不動産会社との売却の契約は上記3種類があります。それぞれメリット、デメリットもお話しさせていただいたので、ぜひ参考にしてみてください!



マンション購入に関してのコラムもございますので、ぜひこちらもご覧ください!! https://www.hds-plus-1.com/blog/category/column/

**********************************************************************
大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション情報はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-1.com/

大阪市福島区・北区・西区・此花区の中古マンション相場価格を匿名で瞬間査定!
https://www.hds-plus-1.com/catalog

仲介手数料最大半額!大阪市の中古マンション売却はハウスデザインズプラス
https://www.hds-plus-2.com/
**********************************************************************



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です